審査について

学生専用ライフカードは持つべき?学生が持つとどんなメリットがあるの?

学生のうちからクレジットカードを持ちたいと考えている方は、やはりどのカードを持つべきなのか迷ってしまいますよね。

学生向けのカードの中からどれを選べばいいのか迷っている方もいると思います。

そんな中でも、学生専用ライフカードが気になっているのではないですか?

そこで、学生専用ライフカードとはどんなカードなのかをこれからご紹介していきますね。

学生専用ライフカードにはどんな魅力があるのか一緒に探っていきましょう。

学生専用ライフカードとは?どんな特徴があるの?

まずは、学生専用ライフカードの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

詳細については、以下をご覧ください。

年会費 無料(卒業後も変わらず無料)
入会資格 18歳以上の方(高校生不可)

大学や大学院・短大・専門学校に在学している方

ETCカード 無料
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)

盗難・紛失補償

ポイント還元率 0.5%~1.5%
ポイント有効期限 最大5年間
電子マネー Suica・楽天Edy・nanaco・iD

では、学生専用ライフカードの特徴について見ていきましょう。

年会費無料なのに海外旅行保険が付いている

学生専用ライフカードには、海外旅行保険が付いています。

年会費無料で海外旅行保険が付いているというのは嬉しいですよね。

学生の中には、海外へ行く機会が多い方もいると思います。

そんな時でも海外旅行保険が付いていれば、安心して海外へ向かうことができますよ。

誕生月はポイント3倍で還元率がアップ

誕生月にはポイントが3倍になり、通常0.5%であるポイント還元率が1.5%までアップします。

自分の誕生月はいつもよりも出費が増えてしまったり、普段よりもイベントの機会が多い方もいるかもしれません。

そんな時にポイントを貯めることができれば、1ヶ月にたくさんのポイントを貯めることができますよ。

誕生日月の間に頑張っている自分へのご褒美として、ポイントを貯めながら大きい買い物をするというのも良いかもしれませんね。

入会後1年間はポイント付与率がずっと1.5倍

学生専用ライフカードには、誕生月だけでなく入会後の1年間もポイント付与率が高くなります。

初年度はずっとポイント付与率が1.5倍なので、入会後の1年間に集中してポイントを貯めていくこともできますよ。

L-Mall経由で買い物をするとポイントが最大25倍になる

L-Mallを経由して買い物をすると、ポイント付与率が最大25倍になります。

L-Mallとは、カード会員だけが使えるオンラインモールのことです。

その中にはAmazonや楽天市場なども含まれているので、通販サイトを多く利用する方にもおすすめですよ。

L-Mallでショッピングをして、お得にポイントを貯めちゃいましょう。

学生専用ライフカードを持つメリットは?

では、学生専用ライフカードを持てばどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットについて詳しく見てみましょう。

旅行や留学の時に役立つ海外旅行保険

学生専用ライフカードを持っていれば、旅行や留学で海外に行くことになった時に役立ちます。

それは、海外旅行保険が付帯されているからです。

海外旅行保険が付いていることで、旅行先や留学先でなにかあっても保障してもらうことができますよ。

さらに、学生専用ライフカードの海外旅行保険は自動付帯なので、旅行にかかる費用などをカードで支払う必要がありません。

保証額も最大2000万円となっているので、安心して海外に行くことができそうです。

海外ショッピングで使った分の5%がキャッシュバックされる

海外ショッピングで使った分の5%をキャッシュバックしてもらえるというのも学生専用ライフカードの魅力です。

ショッピングで消費した分の5%が戻ってくるというのはなんだか得をした気分になりますよね。

海外で利用した分のキャッシュバックは、自分が指定した口座に振り込んでもらうことができますよ。

しかし、キャッシュバックの上限は年間5万円までと決まっているので注意しましょう。

海外に行っても日本語でサポートをしてもらえる「ライフデスク」

学生専用ライフカードがあれば、海外に行っても日本語でサポートをしてもらえるライフデスクを利用することができます。

初めての海外旅行や留学をする場合、上手く英語が話せるか、ちゃんと言いたいことを伝えられるか不安な方もいるのではないかと思います。

しかし、海外で困った時でもライフデスクがあれば日本語で丁寧に対応してもらうことができますよ。

自分が必要としている情報を提供してもらえたりもするので、何かあった時にはぜひ活用してみましょう。

学生専用ライフカードにデメリットはあるの?

学生専用ライフカードのメリットについてご紹介してきましたが、デメリットもいくつかあります。

ここでデメリットについても抑えておきましょう。

家族カードが発行できない

学生専用ライフカードには、家族カードがありません。

ですから家族の保険などは無く、カード会員=自分のみが対象となります。

学生の方だったら家族カードを発行したいということはあまりないかもしれませんが、デメリットとなってしまう場合もありそうですね。

空港ラウンジのサービスを受けることができない

海外旅行保険や海外の利用分(うち5%)をキャッシュバックしてもらえるのは良いのですが、空港ラウンジのサービスを受けることができないというのはデメリットになります。

しかし、空港ラウンジのサービスが付いているものはほとんどが年会費有料のカードです。

年会費無料のカードとしては優れているカードかもしれないですね。

卒業した後は海外関連の特典やギフト券などの特典がなくなってしまう

学生専用ライフカードを持つ場合、卒業後は注意しなくてはなりません。

それは卒業した後に、学生の時にあったさまざまな特典がなくなってしまうというデメリットがあるからです。

学生専用のカードだから仕方ないのかもしれませんが、卒業後に特典がなくなってしまうのはなんだか残念ですよね。

カードを持つなら、このようなデメリットもしっかりと覚えておく必要がありそうです。

まとめ

学生専用ライフカードには、たくさんのメリットがありましたね。

海外に行くことが多い学生の方だったら、1枚持っておいても良いかもしれません。

しかし、学生専用ライフカードにはデメリットもいくつかありました。

学生専用ライフカードの良い点や悪い点を知った上で、今後持つかどうかを検討してみてくださいね。